やりすぎ切れ長アイライン

目元を印象的に見せること、大きく見せることを目的に使用するアイライン。うまく使えばその効果は絶大ですが、逆に間違ったテクニックを使うと少し残念な結果になってしまうことがあります。目尻側を跳ね上げるように描くのが基本のアイライン。ところが、この目尻の跳ねが長すぎて、切れ長アイラインどころか何処かの部族のフェイスペインティングになっていることがあります。リキッドアイライナーは力のいれ具合が難しく、太さや長さの調整が難しいものですが、どこまでも長く引いた目尻ラインでは失敗なのかあえてなのか分かりづらいものです。一重まぶたにリキッドアイライナーでバッチリと太く長くラインをいれてしまう失敗もよく見かけます。目を開けている時は多少効果はあるかもしれませんが、目を閉じた時の違和感はそれ以上です。目を閉じた時でも自然に見えるラインを心がけなければいけません。ペンシルライナーかアイシャドウを使ってグラデーションに仕上げるほうが目元も大きく見え上品になります。目尻のラインの角度や長さは、鏡に自分の横顔を写してみると最も美しいラインを発見することができます。大事なことは決してやりすぎず、自分の目にあったラインを見つけることです。

コメントは受け付けていません。