デカ目に見せたくて、やり過ぎてしまうこと

デカ目にするため化粧が今流行しています。
目を大きく見せるための化粧のことなのですが、アイラインをたくさんひいたりアイプチをしたり、他にも長いつけまつげを付けたりして目を盛るのです。
そしてさらにカラーコンタクトもするのです。
カラーコンタクトをすることによって黒目が大きく見えますので目そのものが大きくなったかのような錯覚をしてしまいます。
しかしやりすぎてしまうこともあるのです。
沢山のつけまつげを同時につけたり、マスカラを重ねすぎてしまったり、アイラインをたくさん引いたりすることです。
確かにこうすると目が大きく見えるのですが、その分不自然な目になってしまうのです。
かわいいというよりも化け物のようになってしまいます。
遠くから見ればまだそれほど不自然ではないものの、近くで見ますと明らかにおかしくなりますのでできるだけやりすぎは避けるようにしてください。
つけまつげは特につけすぎてしまいますと近くによったときの顔が怖くなります。
そしてつけまつげの影のせいで視界が悪くなってしまうので気をつけてください。
やりすぎてしまわないようにするためには他の人に見てもらうのが最適です。
また、やりすぎるといいという価値観を持たないのも方法です。

コメントは受け付けていません。