コンシーラーとファンデで皮膚呼吸出来ない程の厚塗り

学生さんで毎日通学のときに化粧をする方はいらっしゃいますが、ベースを厚塗りするのはよくありません。
コンシーラーとファンデーションを使って塗るのですが、これも少量であればまだしもかなり厚くしますともう素肌の雰囲気が損なわれてしまいます。
確かに厚くすることによってにきびやシミやくまなどがなくなるのですが、あまりやりすぎますと皮膚呼吸ができなくなってしまいます。
毛穴なども塞がれてしまうのです。その結果お肌を逆に悪くする要因になってしまうのです。
皮膚から汗などが出なくなることによって汚れなどが中にたまってしまうからです。
そしてお肌が汚くなれば、またそれをごまかそうとして厚く塗ります。これを続けますと悪循環になってしまうのです。
若いときにはまだそれでもいいかもしれませんが、年齢を重ねますとそのときの付けが来るのです。
他の人よりも早く老けてしまいます。
ですので若いうちはまだお肌もきれいですのであまりやりすぎないようにするのが賢明です。
コンシーラーをするときには問題のある部位だけに限定するようにしてください。
コンシーラーはお肌に刺激のある成分が多く含まれていますので、必要ない部位には無理につけないほうがいいのです。

コメントは受け付けていません。