チークのつけ過ぎ、おてもやん顔

お化粧は、本来の顔を美しくそして可愛く見せてくれるアイテムです。これらのアイテムを使うことによって、変身できるのです。ですが、このアイテムの使い方を一歩間違えてしまうと、美しくなるどころか醜くなってしまいます。そしてお化粧のアイテムのなかでも特に間違った使い方をしている人が多いのがチークです。チークは頬にのせることでバラ色のようになり血色を良く見せてくれます。しかし、このチークを頬に大量に塗りたくり、おてもやん顔になっている人がたくさんいます。そして特に学生でこの顔になっている人が多いです。ではチークはどのように塗ったらいいのでしょうか。まず、塗る際にたくさんパフやブラシに取りすぎてはいけません。たくさん取りすぎてしまうと、べったりと顔についてしまいます。なるべく少量を取るように心がけましょう。次にパフやブラシに取ったものをすぐに顔につけないで、手の甲などで余分な粉を落とします。こうすることで付けすぎの防止ができます。これが終わったら、最後に顔に付けていきます。その際、鏡をよく見ながらゆっくり少しずつ付け調整しましょう。あくまでも血色を良くする程度にし、おてもやんにならないようにしましょう。

コメントは受け付けていません。