‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

眉毛マスカラが不自然過ぎ

2014/05/22

学生さんですと、学校によっては、規則で髪の毛に色を付けてはいけないところもあるでしょう。黒髪に似合う眉毛マスカラを付けるとなると、あまりライト系の明るい色ですと、眉毛だけが浮いて見えてしまいますので、できれば、落ち着いた色のブラウン系なら合うのではないでしょうか。このアイテムは、色の種類も少なく限られていますので、落ち着いた色を選ぶことで、カラー選びを間違えることはないでしょう。
また、まつ毛に付けるマスカラと同じで、一度ティッシュの上で転がして、余分なマスカラ液を落としましょう。そうすることで、眉毛に付けた時にダマにならず、自然な眉毛になるでしょう。少しもったいないような気もする方もいらっしゃるでしょうが、眉毛に付けた時に、できてしまったダマを綿棒などで取ることを考えると、二度手間を前もって省くことができますので、大切です。
仕上げとして、リップライナーの反対側などに付いている、眉毛用のブラシでとかしてあげると、より自然な眉毛の出来上がりです。
眉毛と一言に言っても、自然に見せるためには、それなりの時間と手間が必要となってきます。最初から完璧にやろうとはせずに、徐々にできるようになっていくといいのではないでしょうか。

コンシーラーとファンデで皮膚呼吸出来ない程の厚塗り

2014/05/22

学生さんで毎日通学のときに化粧をする方はいらっしゃいますが、ベースを厚塗りするのはよくありません。
コンシーラーとファンデーションを使って塗るのですが、これも少量であればまだしもかなり厚くしますともう素肌の雰囲気が損なわれてしまいます。
確かに厚くすることによってにきびやシミやくまなどがなくなるのですが、あまりやりすぎますと皮膚呼吸ができなくなってしまいます。
毛穴なども塞がれてしまうのです。その結果お肌を逆に悪くする要因になってしまうのです。
皮膚から汗などが出なくなることによって汚れなどが中にたまってしまうからです。
そしてお肌が汚くなれば、またそれをごまかそうとして厚く塗ります。これを続けますと悪循環になってしまうのです。
若いときにはまだそれでもいいかもしれませんが、年齢を重ねますとそのときの付けが来るのです。
他の人よりも早く老けてしまいます。
ですので若いうちはまだお肌もきれいですのであまりやりすぎないようにするのが賢明です。
コンシーラーをするときには問題のある部位だけに限定するようにしてください。
コンシーラーはお肌に刺激のある成分が多く含まれていますので、必要ない部位には無理につけないほうがいいのです。

ノーズシャドウがヴィジュアル系

2014/05/22

鼻を高く見せたいと願う女性は多くいます。鼻が高いというのは、外国人を連想させるように、そのひとを美人に見せます。そもそも、ノーズシャドウも高い鼻ならよりシャープに、低めの鼻ならスッキリ高くを簡単に実現できるものです。色と言えば、ブラウン系のアイブローかアイブロウで細い線を入れるのが一般的な方法です。では、ヴィジュアル系のノーズシャドウはどのようなものか。オススメなのが、黒か濃いめの茶色でアレンジすることです。このような系統は、顔全体的にハッキリした目やキリッと上がった眉なのも特徴です。なので、これに劣らないくらいの全体的に立体感のある顔に仕上げるため、ノーズシャドウもはっきりと眉のヨコあたりから入れましょう。しかし、注意すべき点があります。それは、シャドウはハッキリと入れること。もし、すっと薄めに入れる程度ならば普通の化粧と変わらず、ヴィジュアル的な感じにはならないからです。また、鼻の頭まで線をいれることが重要です。本来のシャドウ術では、鼻の途中で線をいれるのをやめますが、そうするとハッキリ個性は出ません。ヴィジュアルは個性を出して始めて目立ちます。以上の点を気にするように心がけ自分自身最高の化粧で、個性を出しましょう。

チークのつけ過ぎ、おてもやん顔

2014/05/22

お化粧は、本来の顔を美しくそして可愛く見せてくれるアイテムです。これらのアイテムを使うことによって、変身できるのです。ですが、このアイテムの使い方を一歩間違えてしまうと、美しくなるどころか醜くなってしまいます。そしてお化粧のアイテムのなかでも特に間違った使い方をしている人が多いのがチークです。チークは頬にのせることでバラ色のようになり血色を良く見せてくれます。しかし、このチークを頬に大量に塗りたくり、おてもやん顔になっている人がたくさんいます。そして特に学生でこの顔になっている人が多いです。ではチークはどのように塗ったらいいのでしょうか。まず、塗る際にたくさんパフやブラシに取りすぎてはいけません。たくさん取りすぎてしまうと、べったりと顔についてしまいます。なるべく少量を取るように心がけましょう。次にパフやブラシに取ったものをすぐに顔につけないで、手の甲などで余分な粉を落とします。こうすることで付けすぎの防止ができます。これが終わったら、最後に顔に付けていきます。その際、鏡をよく見ながらゆっくり少しずつ付け調整しましょう。あくまでも血色を良くする程度にし、おてもやんにならないようにしましょう。

学生メイクは25歳までに卒業すべし。大人メイクの基本とは?

2014/05/22

25歳からの大人メイクとは、一体どんなものなのか、大人可愛いという言葉もあるということは、可愛い要素を寂しいくらい減らさなければならないというわけではないはずですが、如何でしょうか。
大人メイクと言えば、やっぱり何よりちょっとシンプル系だったり、高級感のある化粧品のブランドを使ったりするものなのではないでしょうか。
化粧品が違えば、化粧の後の印象も違ってきます。芸能人やモデルの見栄えがいいのも、お金の掛かった高い化粧品が使われているからという理由が1つであるはずですよね。ということで、大人っぽい化粧がしたい時にも、大人の女性向けに提供されているブランドを使ってみるのが手っ取り早い気がします。
大人であるということを踏まえながら行動しなければいけない負担が化粧に出るというのも、また窮屈な話です。なので、チークでも口紅でも、色使いを楽しめるようなものを選ぶことも、大切なのではないでしょうか。
チークのピンクやオレンジは、選ぶブランドによっては幼く見えてしまうだけで、大人が好むブランドのものを選べば、何の抵抗も感じなくて済むはずです。口紅も同様のことが言えます。
だから、主には何が違うのかと言えば、選ぶブランドなのではないでしょうか。

パンダ目メイク

2014/05/22

パンダ目にならないように、というナチュラルな化粧法が推奨される一方で、キャバクラで働いている女性を中心に、そのお洒落な要素を取り上げているギャル系のファッション雑誌などでは、今も尚、囲みアイラインと呼ばれる化粧法が推奨されています。
特に若い女性には憧れの眼差しで見つめられているのではないかと思われる系統ではありますけれども、上まぶたのアイラインも下まぶたのアイラインも、ガッツリ入れてあるという印象の画像がインターネットでも見受けられます。
楽しい人生を送っているように見える、このような化粧法をしているモデルの女性は、どうしても注目の的になりがちです。華やかで煌びやかとも思われがちな、キャバクラ嬢という職業ですから、ピックアップされることがあっても不思議ではありません。
囲みアイラインに挑戦してみたいという方は、参考にこのような雑誌をご覧になってみては宜しいのではないでしょうか。目頭の切れ目の辺りに、小さくチョボを入れるような化粧法も、このような雑誌ではポピュラーであるようです。これもひとつ、化粧のコツと言えそうです。練習あるのみということで、興味のある方は、上も下も上手にアイラインを入れて、このようなモデルの方の美しさの秘訣を真似みては如何でしょうか。

まつげの盛りすぎ、バサバサまつげ

2014/05/22

まつげを盛りすぎるとバサバサまつげになるので注意が必要です。まつげを盛ると印象的な目にすることができますが、盛りすぎると清潔感がなくなります。清潔感のない目は男性受けが非常に悪いです。男性受けをよくするためには盛りすぎずに目の印象を強くするということが大切です。清潔感を残しつつ目の印象を強くするにはまつげエクステが最適です。まつげエクステを使用することで自分のまつげに手をいれることなく長さを長くすることができまつげの量を増やすことができるのです。マスカラを塗ることなく印象的な目にすることができるので、手間がかからないということも魅力です。まつげエクステの上からマスカラを塗ることも出来ますが、そうすることでバサバサになってしまうので清潔感がなくなってしまうのです。まつげはやりすぎないということが大切です。またまつげエクステのつける位置を変えることで印象的な目にすることができます。目尻につけることで切れ長の目にすることができますし、より大きな目にしたい場合は下まつげにもまつげエクステを付けることでより大きな目にすることができるのです。まつげエクステは一定期間つけっぱなしにすることができるので、手入れの手間がかからないということも魅力の一つです。

やりすぎ切れ長アイライン

2014/05/22

目元を印象的に見せること、大きく見せることを目的に使用するアイライン。うまく使えばその効果は絶大ですが、逆に間違ったテクニックを使うと少し残念な結果になってしまうことがあります。目尻側を跳ね上げるように描くのが基本のアイライン。ところが、この目尻の跳ねが長すぎて、切れ長アイラインどころか何処かの部族のフェイスペインティングになっていることがあります。リキッドアイライナーは力のいれ具合が難しく、太さや長さの調整が難しいものですが、どこまでも長く引いた目尻ラインでは失敗なのかあえてなのか分かりづらいものです。一重まぶたにリキッドアイライナーでバッチリと太く長くラインをいれてしまう失敗もよく見かけます。目を開けている時は多少効果はあるかもしれませんが、目を閉じた時の違和感はそれ以上です。目を閉じた時でも自然に見えるラインを心がけなければいけません。ペンシルライナーかアイシャドウを使ってグラデーションに仕上げるほうが目元も大きく見え上品になります。目尻のラインの角度や長さは、鏡に自分の横顔を写してみると最も美しいラインを発見することができます。大事なことは決してやりすぎず、自分の目にあったラインを見つけることです。

デカ目に見せたくて、やり過ぎてしまうこと

2014/05/22

デカ目にするため化粧が今流行しています。
目を大きく見せるための化粧のことなのですが、アイラインをたくさんひいたりアイプチをしたり、他にも長いつけまつげを付けたりして目を盛るのです。
そしてさらにカラーコンタクトもするのです。
カラーコンタクトをすることによって黒目が大きく見えますので目そのものが大きくなったかのような錯覚をしてしまいます。
しかしやりすぎてしまうこともあるのです。
沢山のつけまつげを同時につけたり、マスカラを重ねすぎてしまったり、アイラインをたくさん引いたりすることです。
確かにこうすると目が大きく見えるのですが、その分不自然な目になってしまうのです。
かわいいというよりも化け物のようになってしまいます。
遠くから見ればまだそれほど不自然ではないものの、近くで見ますと明らかにおかしくなりますのでできるだけやりすぎは避けるようにしてください。
つけまつげは特につけすぎてしまいますと近くによったときの顔が怖くなります。
そしてつけまつげの影のせいで視界が悪くなってしまうので気をつけてください。
やりすぎてしまわないようにするためには他の人に見てもらうのが最適です。
また、やりすぎるといいという価値観を持たないのも方法です。