勘違いブサイクメイクとは

 

あなたがやっているかもしれない、ブサイクメイク。
目を大きくしたくてついつい、アイラインでがっちり目の周りを囲んだりしますよね?実は、実は目の周りだけが強調されてしまい、逆に目が小さく見えますし、ちょっと怖いかもと人から勘違いされることもあります。

 
また、アイシャドウもグラデーションがされてないと、色によっては瞼が腫れぼったく見えたり、目に奥行きが出ずに、平たく見えてしまい、せっかく可愛く仕上げようとしたのが台無しになります。

 
和室他にもやり過ぎ、塗りすぎでブサイクに見えてしまうこともあります。
例えばノーズシャドウののやり過ぎ。鼻筋がきれいにスラーっと通っていると、顔全体もきれいに見えます。しかしやり過ぎてしまうと、周りからみるとあからさまだと思われたり、違う生物に見えてしまうこともあります。他の例でいうとチークのやり過ぎも目立ちます。チークは本来血色がよく見えて、女の子がより可愛く見える技ですが、度が過ぎると、酔っぱらいに見られたり、おかめさんと言われてしまうこともしばしば。やはり、やり過ぎはよくありません。

 
このように、ブサイクになってしまう方法が沢山あり、書いた例は一部分です。自分から見ての可愛いは、結果自己満足です。友達や彼氏など身近にいる人に、不自然ではないかどうか聞いてみるのも1つの手かもしれません。